読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新時代の幕開け

日本は今、大きな転換期にある。

低迷した経済成長に、専門家は苦言を呈す。人々は明るい未来を描けずにいる。新興国の目覚しい経済成長を羨望し、日本も昔は良かったと過去を懐かしむ。

しかし、ここが節目だと、変わり目だと思う。米国の9.11、日本での東日本大震災以降、「働く」ことに対する価値観が大きく変わり始めた。人々はお金のためだけに働く日常に疑問をもち始めた。物質的な豊かさだけでなく、精神的な豊かさを大切にするという、大きな流れが生まれた。

この物心両面の豊かさを追求できるような、新しい働き方・世界・価値観を日本が率先してつくり、世界のロールモデルとなれば良い。

「失われた20年」

何かを失った時代なのではなく、新しい何か、大切な何かに気づくことのできた時代だったのかもしれない。歴史的な視点でみれば、今この時代は、物質主義の終わりを告げる、新しい時代の幕開けなのかもしれない。

マヤ文明も2013年が新時代の幕開けって言ってたしな。