読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

創り出す現実

ノーベル賞を受賞した神経学者のジェラルド・エデルマン博士によれば、記憶は脳の一部に貯蔵されるのではなく、思い出す瞬間に再構築される。脳内で起こっていることは、シノプスとシノプスが結合し、記憶の回路(神経回路)が作られるだけ。その神経回路に、電気信号が伝わることによって「思い出す」わけだが、それはその瞬間瞬間に、新たな現実を創り出すことと変わらないのだという。

要するに、過去は幻想に過ぎず、この瞬間に記憶が再構築されるだけ。アインシュタインも物理学の観点から、同様の結論を述べている。「現在、過去、未来というのは、まさに幻想以外の何ものでもありません」

その記憶の経路は、繰り返されることによって太くなる。さらに、自分で口に出して言ったり、何人もの相手から「そうですよね」と頷かれたりすると、フィードバックされて経路が幾何級数的に補強される。その結果、記憶の再構築が簡単にできるようになる。

このように、繰り返される言葉、自分で発する言葉、そして他人が同調する言葉で、私たちの現実が構築される。つまり、周りの環境、どんな人と一緒にいるのか、で自分の現実が大きく変わってしまう。

私たちには、ふたつの選択肢しかない。他人に自分の現実をコントロールされるか。自分で自分の現実をコントロールするか。あなたは、どちらを選びますか。何を選択肢し、何を決断しますか。

 

非常識な成功法則【新装版】

非常識な成功法則【新装版】