読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界を変える一歩

20代の若者よりも、はるかに若々しい。
そんな年配の経営者や学者、職人にたくさんお会いしてきました。
彼らを見ていて強く感じたのは、「変わることをまったく恐れていない」ということです。
人は、何かがうまく行き出すと変わることを恐れるようになります。
うまくいっていなくても、恐れる人もいる。
変化そのものを、避けたいものだと考えている人は、たくさんいるのではないでしょうか。
なぜかといえば、変化が起きれば、先が見えなくなるから。
先のことをちゃんと見据えて、生きておきたいから。
そのほうが安心だから…。
変わることを恐れるべきではないのは、世の中が変わっていくからです。
まわりが変化していくのに、自分が変化していかなかったらどうなるか。
古い価値観のまま、置いてきぼりになっていくリスクを背負い込むことになります。
しかし、年配の方の多くは、そんなふうに表現されませんでした。
変わることが、実はとても楽しいことだ、と語るのです。
世界が違って見えてくる。
自分の成長にも気づける。
そうすれば、自然と自信までついてくる。
自分が変われば、世界が変わるのだ、と。
 
『成功者3000人の言葉』飛鳥新社