そうだ、フィリピンへ行こう!ただ、希望だけを握りしめていた20歳の奮闘記その②

 

あの日、フィリピンへと旅立つまでは、僕は比較的狭い世界で生きてきたと自負しています。

 

自分のことは完全に棚に上げ、

そして全てを外部環境のせいにして、その訳を説明していきたいと思います。

 

思い返せば、僕がit's a small worldの住人になり始めたのは、中学生の頃からでした。

 

小学生の頃は、ソフトボール、水泳、ピアノ、学習塾、
キャサリンによる英会話教室と、様々な習い事に通っていました。

 

とある消費者金融のチワワのCMのおかげかどうかは知りませんが、
世間はペットブーム真っ只中で、実家のペットショップはそこそこ景気が良かったようです。
経済的にも余裕があったのか、色々なことを経験させてもらったなぁと今では両親に感謝しています。

 

f:id:sho1007:20140410181301p:plain

 

学習塾に通い始めたのは、小学校5年生の頃からでした。
理由は、親に勧められたからなんとなく。

 

真面目に勉強はしていたのですが、塾での成績は芳しくなく、
テストではいつも下から3番目あたりをうろちょろしていました。

 

そもそも周りの奴らがなんでこんなに勉強ができるのか不思議で、

世の中には頭のいい奴がごまんといるもんだと学習しました。

 

幼いながらに劣等感を味わったのを鮮明に覚えていますが、
塾のおかげで、学校の成績はかなり良く、なんとか自尊心を保つことができました。

 

 

「週2の塾に負ける学校の勉強って何なんだろう?」と疑問を感じましたが、

当時はモーニング娘に夢中で、日本の教育改革に大志は抱いていない派だったので、

そんな疑問は一瞬で消え去りました。

 

小学校6年生になったとき、
「せっかく塾に通ってるんだから、中学受験でもしてみたら?」
と塾の先生に言われたので、
素直な僕は受験をすることにしました。

 

いわるゆ記念受験です。
特に志望校もないので、先生から勧められるがままに、家から近い私立中学を適当に受験しました。

 

結果はびっくり。
届いた合格通知には「特待生」の文字が。

 

そこは中高一貫の学校だったので、
それは6年間学費がタダということを意味しました。

 

母親は大喜び。

 

親族はべた褒め。

 

気をよくした僕は、これまた深く考えずに、
合格した私立中学へと進学することにしました。

 

理由は、サッカー部があるから。

当時「シュート」というサッカー漫画に夢中でした。 

 

地元の公立中学にはなぜかサッカー部がなかったので、

私立中学へ行ったら念願のサッカーができる!と少しわくわくしていました。

 

ちなみに、せっかく入部したサッカー部も、

僕が2年生になるころには、見事廃部になり、その中学へ通おうと思った唯一の動機すら失ってしまうことになるとは、この時は思いもしませんでした。

 

さて、そんなこんなで私立中学へと進学することにした僕ですが、

この選択が、これから始まるit's a small worldの幕開けでした。

 

まず、入学してびっくり。

 

男子校でした ショボ━(´・ω・`)━ン

 

そんなこと聞いてませんでした。

 

 

確かに、受験のときに周りに女の子が一人もいないことはうすうす気がついてはいましたが、

初めての受験で、緊張してお腹をこわしていた僕には、そんなことを深く考える余裕はありませんでした。

 

 

しかも、当時その学校は人気低迷に苦しんでおり、
各学年に1クラスしかいないという、過疎化した村のような惨状でした。

 

僕は、人口150万人を超える、政令指定都市である福岡市の生まれです。

 


モノクル誌「クオリティ・オブ・ライフ-世界で最も住みやすい25の都市ランキング」でも、12位にランクインした福岡市の生まれです。

 


森田一義浜崎あゆみ博多華丸大吉など、数々のビッグスターを生み出した芸能人のメッカ、福岡の生まれです。

 

まさか、1学年1クラスの学校があるとは夢にも思いませんでした。

 

さすがに付属の高等部は、1学年8クラスと盛んでしたが、
有難いことに、中高一貫組は高校へ進学してからもクラス替えがないという徹底っぷりでした。

 

席替えで好きな子の隣になれるかなー♪なんて甘酸っぱい想いをする機会もない、

クラス替えでドキドキする権利もない、

6年間固定メンバー(男子のみ)での生活が約束されていたのです。

 

6年ってかなり長いです。

クワガタの一生です。

 

しかも、入学して気がついたのですが、

どうやら高等部の先輩たちには、血気盛んな方たちがとても多く見受けられました。

 

f:id:sho1007:20140410182334j:plain

 

どうやら、受験すればまず落ちることはないだろうと言われる、

キング・オブ・滑り止めで有名な学校だったようです。

 

どうりで、大して勉強が得意でもない僕が、特待生で合格した訳でした。

 

そんなこんなで、
中学から高校という青春真っ盛りの多感な時期を、
若干20名の男の子と謳歌することになるのでした。

 

to be continued...