ファスティング5日目Σ(・д・lllノノ


今日はファスティング5日目。
絶食期3/3日目に突入。
今日を乗り切れば、固形物を食べられる!

必要な栄養素はサプリで補ってるので空腹はあまりなくそんなにしんどくないが、

なんか、、
噛みたい!!!

この感覚、ファスティングした人にしかわかんないだろうな。。。

彼女は相変わらず、肌の調子がいい、もちもちするってテンションあがってる( ̄▽ ̄)

女子力高めな友人誘いまくってて、来月もファスティングするって盛り上がってた。

女子すげー
まぁ彼女の女子力があがる分にはなんの問題もない 笑

てか女子力関係なく、世の男性諸君こそファスティングをすべき!

身体のデトックス必要。
細かいことは今日は割愛するけど、デトックス、まじ必要。
大事なことは2回言う、これ鉄板!

ってことで、今日もサプリガンガン飲んで、絶食期最終日乗り切りまーす!!

明日はおかゆがたべれる!
( ☆Д☆) カッ!!

p.s.
「中嶋佳子  女子力」でググると、このブログが上位表示されます*\(^o^)/*

中嶋佳子さんも、もしかしたらこのブログ読目にするかも*1
  
  
あ、最後に素敵記事紹介!

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  

萩本欽一氏の心に響く言葉より…


東洋劇場に入って3ヶ月目に、恩人の緑川士郎先生に呼ばれてこう言われたんだ。


「あのねぇ、欽ちゃん。

3ヶ月経っても、まったくコメディアンの感じがしてこない。

このままこの仕事をやってると、えらいことになってしまうかも。


だからね、今のうちに、辞めたほうがいいんじゃないかな。

はっきり言って欽ちゃんはコメディアンには向いていないと思う」



聞きながら、胸をぐさりと刺されるような感じがしたな。


でもね、言われている通りなんだよ。 


舞台に出ても上がってしまってセリフも言えない。


踊りはダメ、笑いもできないの、ないないずくしなんだからね。


「分かりました。

自分でも無理のような気がします。

今月いっぱいで辞めることにします」


思わずそう、口にしていたな。



先生の前から下がって、二階の誰もいない楽屋に行き、短い間だったけれどお世話になりましたって、誰に言うともなく頭を下げていた。


胸の中がからっぽで、息をするのもうまくできない。


「どうしたんだよキン坊、何をしょげているんだ?」


ふと気付くと、すぐ側に、池信一師匠が立っていた。


「すいません、辞めることになりました。

さっき、演出家の先生に、“コメディアンには向いていないから辞めたほうがいい”って言われて、

はい分かりましたって返事しちゃったんです」



「えっ!?3ヶ月しかやらないで、もう結論を出したのか?

おまえ自身の気持ちはどうなんだ?

やりたいのか、やりたくないのか?」


「できたらもうちょっと… もう少しやってみてから決めたいと思うんですけど…」


「そうか、本当は、おまえ、まだ辞めたくないんだな?」


「…ええ…」


「よし、ここで待ってろよ!」


師匠はそう言って、パーッと何処かに走って行き、5分もしないうちに戻って来て、

「キン坊、続けてろ!」

そう言って、すぐにいなくなっちゃった。



なぜ辞めなくてもいいことになったのか、後で緑川先生が教えてくれたな。


「おまえの師匠が来て言ったよ。

あいつは不器用で気が小さいし、面白くもないし才能もないかもしれない。


けれど、いまどきあんなにいい返事をする子はいない。

あの返事だけでここにおいてやってくれってな」



「はいーっ!」っていう返事は、
高校時代のアルバイト先で身に付いたんだ。


「ラーメン一丁!」

「はいーっ」

「出前頼むよー!」

「はいーっ」

ってね。



なんでも、一生懸命やっておくもんだね。


苦労が、どんなところで役に立つかわからない。


師匠の話をしてくれた後、緑川先生はこう言ってくれたんだ。


「この世界で大事なのは、うまいへたじゃない。

おまえのようなダメな奴を、辞めさせないでといってくれる人がいることが大事なんだ。


一人でも応援してくれる人がいれば、やっていける。

ずっとやってろ、一生、辞めるんじゃないぞ!」


涙が止まらなかった。


心の底から泣けちゃったな。



『欽ちゃんの ダメをやって運をつかもう!!』 DHC文化事業



全ての人に否定されたとしても、たった一人、認めてくれる人がいるだけで、その人間は夢を捨てずに頑張ることができる。


明王エジソンも、小学校では全く認められず、ついには落第したが、たった一人、その母親だけが彼の才能を認め、伸ばしてくれた。


幕末の英雄、坂本龍馬寺子屋では落第生で、字もロクにかけず、寝小便ばかりしてメソメソ泣いていたというが、

たった一人、

母親代わりの乙女姉さんがその才能を認め、教育もしたからこそ、歴史に名を残す風雲児となった。



欽ちゃんがコメディアンになるきっかけを与えてくれたのも、欽ちゃんを初めて認めてくれた中学校の先生だったという。


どんなにダメな人間でも、何か一ついいところがあれば、それを認め、誉め、そして応援する。


年長者やリーダーが、もっとも心掛けなければならない資質が、これだ。


逆境や苦難のときこそ、誰かのよき応援者でありたい。

*1:´艸`*