読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

彼女が女子力


彼女がブログを始めたいと言い出して、練習ということで代わりに僕のブログが使われます( ̄▽ ̄)

ー  ー  ー  ー  ー  ー  

今日は女子力アップについて✨

最近ハマってる女子力アップメルマガ by 中嶋佳子さん の影響で、美容や健康にどハマり中!

ファスティングがきっかけで目覚めてから、ピラティス、ヨガ、マクロビなど色々なセミナーに行って勉強してます💓

今まで知らなかったけど、意外とセミナーってやってるんですね!!
最初は緊張したけど、慣れたら楽しい*\(^o^)/*

けどけど、中嶋佳子さんの女子力アップセミナーでも言ってたけど、

どんなに外見を磨いても、中身がしっかりしてないと女子力低いぞって!

自立した女性目指して、私もがんばるー!!o(^_^)o

レッツ女子力アップ!!

ー  ー  ー  ー  ー  ー  
  
  
ってことで、いつもの素敵記事紹介してさようならー!*\(^o^)/*

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 


成功哲学の祖ナポレオン・ヒルの運命と出逢いの物語。



ナポレオン・ヒルは貧しい家に育ちますが、のちにルーズベルトウッドロー・ウィルソン両大統領の補佐官・顧問官にもなり自らも大富豪の仲間入りをはたします。

実は、彼がまとめ上げた成功哲学ナポレオン・ヒル・プログラム」の誕生には運命的なドラマがありました。



ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー 


時は1908年。

カーネギー・ホールでも有名な、鉄鋼王アンドリュー・カーネギーから

当時25歳の青年であったナポレオン・ヒルにその後の人生を大きく
左右する提案がありました。



ナポレオン・ヒルは当時ジョージタウン大学に通う学費が必要で、
成功者のインタビュー記事を新聞に投稿するアルバイトをしていました。

そのインタビューでナポレオン・ヒルが最初に訪ねた人物がアンドリュー・カーネギーだったのです。


インタビューは最初3時間だけという約束でしたが、3時間が過ぎた後もカーネギーナポレオン・ヒル青年を屋敷に招き入れ、実際にはインタビューは3日間続きました。


そして、3日目の夜にカーネギーから、ナポレオン・ヒルのその後の人生を大きく変える提案があったのです。



「私が今まで話した成功ノウハウを、20年間の期間をかけてナポレオン・ヒルくん、君にまとめあげてもらいたいんだ!

まずは500名程度の人物を君に紹介する。

その人物達がどのような考え方や行動をした時に成功が訪れ、

又、どうのような考え方や行動をした時にお金を失い、人が去っていき、

更にどのような考え方や行動をした時にソコから這い上がってくるのか!?

それらを全て体系的にまとめあげてもらいたいんだ!


答えを YES か NOでくれないかね!?


それから、もうひとつ条件がある!

私は20年間、君には金銭的な援助は一切しないがそれでもいいかね?」



もちろん、ナポレオン・ヒル青年は一瞬考えました。



「この人はなんて事を言うんだ!
20年間もの間 私にタダ働きをしろというのか!?・・・」


しかし、その瞬間!

何処からともなく声が聞こえてきたのです!


おい、ナポレオン・ヒル

こんなチャンスは人生にもう2度とやってこないぞ!

ほら、イエスと答えるんだ!!



「私にやらせて下さい!カーネギーさん!」



ナポレオン・ヒルはこの瞬間、一生を変える決断をしました。

その決断に要した時間は「29秒」でした。



あとでカーネギーはヒルに明かすのですが、その時にストップウォッチで計っていたのです。

カーネギーナポレオン・ヒル青年に言いました。


「もし、君がこの決断を下すのに1分以上かかったら

君はもう、見込みがない人間だと思って諦めるつもりだったんだ。

この程度の決断をするのに1分以上時間がかかる人間は、何をやらせてもモノにはならないんだ。

大きな事など、とうてい成し遂げられる訳がないからね。」


当然、カーネギーには生活を保障するくらいの事はできました。

しかし、保証すれば誰でもやる。

無報酬でやりきる人間でないと「本物の生きた成功ノウハウ」など作り上げる事はできない。


それがカーネギーの真意でした。


ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー  ー 



ナポレオン・ヒル・プログラム誕生の裏には、このようなドラマチックなエピソードがあったのです。


ナポレオン・ヒルカーネギーとの約束を守り、紹介された507名の調査を20年間行い、

その後、ナポレオン・ヒル自身と財団が現代の成功者2000名以上の調査分析を加え、

ついに「ナポレオン・ヒル・プログラム」を完成させたのです。


そして彼は、自身が体系化したナポレオン・ヒル・プログラムをもとに、自らも大富豪の仲間入りをはたす事となったのです。